本文へ移動

留点温度計

一般の水銀温度計は、温度変化に合わせて水銀柱が上下しますが、本品の水銀柱は上がるのみで、自然に下がることがありません。この仕組みによって、計測期間中の最高温度を観測します。
使用前と使用後は温度計を振って、水銀を周辺気温まで下ろしておきます。
参考写真:JC-3301 見た目は通常の水銀温度計とほとんど変わりませんが、構造上、球部の水銀の一部が断裂しています。また、本体上部に「留点」と明記しています。
留点温度計 品番・価格表(税抜)
品番
感温液
温度範囲
目盛
全長
価格
JC-3301
水銀
0~50℃
1℃
300mm
\3,600
JC-3302
0~100℃
\3,200
JC-3303
0~150℃
\4,300
JC-3304
0~200℃
\5,300
JC-3305
0~250℃
\6,600
JC-3306
0~300℃
\9,000
JC-3307
0~360℃
330mm
\10,500
日本計量器工業株式会社
〒101-0046
東京都千代田区神田多町2-9
TEL.03-3256-3601
FAX.03-3252-4014
TOPへ戻る