本文へ移動

黒球温度計(グローブサーモ)

黒球温度計

太陽の反射熱、ストーブ・溶鉱炉が発する輻射熱などを測定するものです。
黒球は、薄い銅板 (0.5mm) 製の中空の球体で、表面を艶消しの黒色仕上げとしたものです。これに付属の温度計を、感温部が中心に達するまで差して架台に吊るします。
参考写真:JC-3551を組み立てたところ。
黒球温度計 品番・価格表(税抜)
品番
型式
仕様
価格
JC-3551
GT-150
ベルノン式(架台付) 黒球150φ 水銀棒状温度計0~100℃、0.5℃目盛
¥33,000
ガラス温度計の代わりにデータロガーを差して使用すれば、自動でデータの記録ができ非常に便利です。
測定、使用可能な温度範囲はデータロガーの仕様に依拠します。
参考写真
 
㈱ティアンドデイ製データロガーを設置したものです。
 
当社は㈱ティアンドデイの特約代理店です。ご照会下さい。
日本計量器工業株式会社
〒101-0046
東京都千代田区神田多町2-9
TEL.03-3256-3601
FAX.03-3252-4014
TOPへ戻る